軽井沢 南ヶ丘別邸 現地ライブカメラ集

[ お知らせ, スタッフブログ, 江藤のコラム ] 記事更新日:

みなさま。こんにちは。販売中の軽井沢南ケ丘別邸、現地に設置している

ライブカメラの映像をお伝えいたします。

今年のゴールデンウィークから本日までの半年余りの定点写真です。

春から晩秋までの季節の移ろいをお楽しみください。

 

今年のゴールデンウィークの初め頃の現地。木々が芽吹きはじめた時期。

そして、このあと1週間ほどで一斉に新緑が芽吹きます。連休中半ばから後半のシーン

新緑の季節は、軽井沢町にあふれる森の香りも同時に楽しむことができます。

そして、6月に入ると、梅雨空…。

ですが、この時期ならではの、霧に包まれた幻想的な借景も魅力です。

この別邸の敷地内で目を引く、大きな青楓の木。どんどん緑が濃くなっていく時期です。

南ケ丘のエリアは、旧軽と比べて、平坦地のためか、体感の湿度は

それほど高くありません。霧の回数や濃度も旧軽よりは少ないように感じますが、

霧の日は、やはり幻想的な借景が広がります。

梅雨の晴れ間は、静寂で、日の光がキラキラと輝く、とても美しい世界が

突然現れたりします。

さらに、季節はハイシーズンへと突入。

近年、夏の気温は上昇気味で、軽井沢でも場所によっては、

エアコンを利用する建物も出てきています。

この、南ケ丘のお家の周囲は、成熟した雑木林が続き、風が通り抜ける

これまでどおりの、軽井沢避暑地イメージそのままの場所、エアコンは

必要ないかと存じます。

盛夏が終わると、秋に向けての支度がそろそろはじまります。

9月の終わりころには、緑の葉っぱも心なしか、色が薄くなってきた様子が…。

10月に入ると、秋の風が吹き、秋色が強く出始めます。

秋は、晴天が多く、心地よい日が続く時期ですが、朝晩の冷え込みが厳しくなってくると、敷地内に何本かある青楓の紅葉が日々すすんでいきます。

そして、寒暖の差が大きくなる11月の上旬以降、紅葉も一気に進みます。

このおたよりを作成している時点(2018.11.16)では、紅葉した葉っぱもだいぶ風に飛ばされて、舞い落ちてきました。

敷地は赤いじゅうたんです。

今回のおたよりはここまでですが、現地はこれから、少しずつ冬景色へと変化していきます。

軽井沢の別邸選びは、いちばんシビアな時期である冬季を基準にお選びいただくのも、ひとつの選択肢です。

ご紹介中の、この南ケ丘の別邸は、冬季雪かきが入るアクセス道路に面していて、お通いでご利用になるだけでなく、定住でもお使いいただけます。

ご興味のあります方、ご見学ご予約を心よりお待ちいたしております。

ライブカメラからの映像も、引き続き公開中です。

軽井沢南ヶ丘 現地ライブカメラアドレス

1.屋外(庭先)から建物を望むライブカメラアドレス

karuizawa.miemasu.net:50000

(モバイル対応アドレス)

karuizawa.miemasu.net:50000/mobile

 

2.室内から庭先方向を望むライブカメラ

karuizawa.miemasu.net

(モバイル対応のアドレス)

karuizawa.miemasu.net/mobile

 

このエリアの最大の特徴、それは平坦地であること、

そして、美しい雑木林が続く、その雰囲気です。

しかも、軽井沢駅まで3.5キロ圏。

冬季は前面道路まで雪かきが入るアクセス至便な立地でもあります。

管理別荘地内ではないので、特別なルールはありません。

ご興味ございましたら、ご遠慮なくお声かけください。

江藤

written by 江藤

私の行動規範。「その取引を実行することで、その人の悩みや問題点が解決出来るか、夢が叶うのか」  このことをいちばん大切にしながら、お取引のお手伝いをしていきたいと思います。 不動産にかかわることで、話し相手が欲しくなったときは、どうぞご遠慮なくご連絡下さい。

|